エステの脱毛と家庭用脱毛器、脱毛器で補える点、補えない点

まだ迷っていますか~。
エステの脱毛と家庭用脱毛器。どっちにしようかなーって。
でもその気持ち、私もわかりますよ。

特に、VだったりIの脱毛って、サロンのスタッフさんにやってもらうのって
やっぱり恥ずかしいー。
V、Iラインの脱毛じゃなくっても、エステの脱毛って
予約を取るのもナカナカって難しいっていうし、そうなると大事な時に脱毛できてない状態だったら、通ってる意味ないもんね。
脱毛したいときに脱毛できるって面でも、恥ずかしいデリケートゾーンの
脱毛にしても、
自分で自宅で行える家庭用脱毛器は惹かれるよね。

けどね、気になるのはこういうこと。
エステの脱毛と家庭用脱毛器、脱毛器で補える点、補えない点
家庭用脱毛器にもさまざまなタイプの商品があります。
フラッシュタイプにレーザータイプ、熱線式です。
フラッシュタイプはエステでも使われている脱毛方式で、
レーザーはクリニックで行われています。
とはいっても、家庭用脱毛器のフラッシュにしてもレーザーにしても
エステやクリニックに比べると出力は低い。
これは家庭用脱毛器では補えない部分ですね。
最近では、男性の剛毛でも綺麗になるっていう家庭用脱毛器も出ていますが、
家庭用脱毛器の場合、思ったよりきれいにならなかった。。
などのトラブルもあるみたいなので、その辺はレビューを確認するなど
しっかり商品情報をチェックです。
また、最近の家庭用脱毛器のように出力が強めの商品では
やけどをしたなどの肌トラブルの話も聞いたので
安全面に関しては自己判断が必要になりそうです。
けれど、家庭用脱毛器なら予約いらずで好きな時に気になる部分の脱毛が
即座にできる。
エステに比べて家庭用脱毛器の方が全身脱毛できる期間は短いかもしれません。
これ、家庭用脱毛器の大きなメリットです。

ただ、全身脱毛をする場合、家庭用脱毛器で補うのが難しいのが
手が届きにくい箇所の脱毛の場合です。
背中やO周り、うなじの脱毛の場合、一人じゃ無理じゃね??
パートナーもしくは友達など誰かにお願いをしないと
脱毛ができない。。。
手が届きにくい箇所の脱毛は家庭用脱毛器では補いづらいね。

他に、家庭用脱毛器でチェックしておきたいのは、消耗品の有無。
家庭用脱毛器って買ったらそれだけでいいーってもんじゃありません。
製品によっては、カートリッジの交換が必要になります。
1,2年でカートリッジを交換に5千円くらいから7,8千円するものもあります。
こういうランニングコストがかかるのをチェックしてから家庭用脱毛器を選ぼうね。
そういった煩わしさはサロンにはないけれど、
近年の家庭用脱毛器は美肌機能も備えているからすごいね。
脱毛しながらエステ。
アフターケアに関してはエステと変わらぬ効果が得られそう。
美肌効果に関しては家庭用脱毛器でも遜色はなさそうよ。

もっとも私が気になっている家庭用脱毛器は7万円くらいします。
エステサロンと比べると、
安いけど、もう少し手が届きそうにないな~。

ムダ毛で悩んでいる男性も家庭用脱毛器ではやはり限界があります。
本気で脱毛したいならエステに通うべきですよ!

メンズの永久脱毛!