毛が生えてくる仕組みを説明|毛母細胞と毛乳頭細胞

2015毛が生える仕組みってしっていますか?実際によくわからないという人も多いと思いますが、今回は、毛が生える仕組みについて詳しく紹介していきたいと思います。
毛根部の構造ですが、毛幹があります。毛の表皮から露出している部分で、私たちは普段見ている毛はこの部分となっています。毛根です。毛の表皮の内側の部分の舐めとなっています。毛球部です。毛の根元の膨らんでいる部分で、毛の作られる部分でもあります。この中には、毛乳頭と毛母細胞があります。毛乳頭は毛細血管から栄養素を受け取って、毛母細胞へおくる役割となっていて、毛母細胞は、栄養を受けとり、細胞分裂を繰り返すことにより毛を作っていきます。毛包は毛根を取り囲んでいる組織のことです。
毛は生えては抜けるという繰り返しになっています。しばらく休んでは生えてを周期的に繰り返していて、成長期に入ると毛細血管から毛乳頭に栄養が送られて、毛母細胞に届けます。
細胞分裂が活発になり毛球が作られるのです。毛母細胞はどんどん分裂を繰り返してこれにより、毛が皮膚の外まで伸びてくる仕組みとなっているのです。
全てにおいて大事なのですが、よく育毛剤などで言う血行の促進というのは、毛細血管を流れる血液の量が増えるという事を言います。毛乳頭に血液がいかない状態では、髪の毛を伸ばす事が出来ないので、血行促進が何よりも大切になってきます。
同時に毛乳頭や毛母細胞の働きを高める事は髪の毛を太く強くするという事に繋がっているのです。
ヘアサイクルを詳しく説明すると、成長期、退行期、休止期の3つの過程となっています。成長期は男性の場合には、3年~6年と言われていて、女性の場合には、4年~8年間の伸び続けるので、基本的には女性の方が髪の毛が伸びやすいといえます。髪の毛が伸びるのは成長期の間だけなので、女性で長くて腰までしか伸びないとという事になります。
休止期は髪の成長が完全に止まってしまっている状態で、次の新しい髪の毛が下にできるのを待っている状態となっています。休止期の髪の毛は、いつ抜けてもおかしくない状態なので、少し触っただけでも抜けてしまったり、風などにより抜ける場合もあります。
シャンプーなどを行っている際に、抜ける毛はほとんどが休止期という状態にあり、それが弱々しい細い毛や明らかに生えたての毛のような薄い毛ばかりだと抜け毛が進行している状態と言えます。眉毛用の育毛剤はこちら
薄毛の人の場合には、ヘアサイクルが乱れて成長期が極端に短くなっている事が原因となっていて、完全に成長していない状態で、髪の毛が抜けてしまうので、どんどん細く弱くなり、全体的な髪の毛の量も減ってしまいます。
薄毛を食い止める為には、成長期をいかに長くするかにかかっていると言われていて、何より大切になってくるのは、規則ただしい生活が重要なカギとなっています。
食事や睡眠、運動をバランスよく取り入れるようにして、抜け毛を防ぐためにも、ヘアサイクルを正常な状態に戻すためにも生活習慣が重要なカギを握っていて、髪の毛は生きるのに最優先で必要ではないので、余った血液で最後に作られています。
そのために、バランスの良い食事を摂るように意識して、十分な睡眠時間を確保するようにして、日常の生活の中で適度な運動と取り入れる事も大切になってきます。そうすることにより、体中の血液を増やして血行を良くすることが出来ます。
特に髪の毛の悩みを抱えている人はたくさんいますが、ヘアサイクルが乱れてしまう原因として、最近ではストレスも加わってきました。その中で何よりも自分なりにストレスを溜めないようにする事も大切になってきます。
更に、ヘア剤などのワックスやムースなどをつけてオシャレをする人も多く、髪を染めたりする人もいますが、そこで頭皮に負担をかけてしまっている状態でも、髪が生えるための組織に影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、なるべく自然体で過ごす事を意識する事も大切になってきます。
髪の悩みは、目に見えるという事もあり、深刻な悩みとなってしまい、改善を目指してもすぐに効果を期待することが難しいといえますので、何よりも早めに対策を行って、守っていく必要があるという事をきちんと把握しておく必要があります。
自身のある髪を手に入れる為には、日常の生活の中で注意する事がたくさんありますが、無理なく取り入れる事が出来る方法で改善を目指す事により、悩みが深刻なってしまう前に防ぐ事が出来ます。
更に頭皮のこともきちんと考える必要があり、頭皮を守ることが出来るケアを行っていくようにしましょう。最近では、沢山の種類のシャンプーなどがありますが、刺激を与えることなく使う事が出来るものを選ぶことも大切になってきます。