クーリングオフ制度を正しく理解しよう!エステの契約と解約

エステの契約トラブルは意外と多いようで、

高額なコースを契約してしまったが、後で考えたら必要がなかった、

支払が大変・・・など冷静になると自分がなぜ契約してしまったのか分からなくなることって誰でもあるんです。

そんな時は慌ててはいけません。

もう一度冷静になって自分が契約したコースの内容を確認し、

その金額や支払い方法、本当に必要がないか考えてみましょう。

内容をしっかり理解した上で体験コースを利用し契約した場合は、

後から失敗した~なんてことは少ないのですが、

安さにつられて体験コースを試しただけで「これは良いかも!」なんて

簡単に契約してしまったり、

スタッフの強引な勧誘や言葉巧みばセールスに洗脳されてしまった場合など、

その場の雰囲気や気分で衝動的に契約してしまうと、

後から家族に猛反対されたり自分でも納得できない部分が出てくることがあるのです。

 

そんな消費者の負担やトラブルを避けるためにクーリングオフという制度があり、

購入した商品が気に入らなかったいr何らかの理由で返品したい場合は、

一定条件を満たしていれば返品できるというありがたい制度なのです。

 

実は物の売買ではないエステでもこのクーリングオフ制度は適用される場合があるので、

もし、自分が納得できないと思った場合は利用することができます。

しかし、エステの場合は次の条件を満たしている必要があります。

・契約期間が1か月以上で金額が5万円以上

・契約してから8日以内

これらを満たしていれば今すぐクーリングオフの手続きを始めましょう!

 

エステの契約は高額な場合が多く、自分が納得して契約しても家族が反対するなんてことも多く、やむなくクールングオフも多いようです。

自分から行動するのは気が引けると思う人もいるかもしれませんが、

エステの場合は契約後8日しかないので、

「やめる!」と決めたらすぐに書面で契約解除を送り、

決してお店に行ったり電話するのは避けましょう!

クーリングオフを申し出てきた人用のマニュアルが存在する可能性もあり、

もっと安いコースや値引きなどの提案をされるかもしれないからです。

トラブルを避けるためにも、口約束ではなくきちんと書面でのやり取りをし、

証拠も残すようにすれば安心です。